地図のない旅

何かを選ぶということは 何かを捨てるということ

思い出を捨てた

実家の押し入れを片付けたこと。

小学生時代の教科書を処分しました


なぜが段ボールに「捨てるな」の文字

小学生の時の教科書が出てきました。ずいぶん大事にとってあったもんだ。絶対捨てるな、と書いたのは高校生の時だと思うけれど、昔の自分に謝りつつ捨てるよこれ。

国語の教科書の「光村図書」懐かしいな。6年生のときの担任が「この教科書はレベルが高い」「内容が難しくて教えにくい」などと言っていたのを思い出します。本当にそうなのかな。

一緒に入っていた学研の「ひみつシリーズ」マンガだけは、子どもたちのためにとっておきました。このところは夜寝る前に「ネコのひみつ」を読み聞かせてます。

同じカテゴリーの最新記事5件

2年前の今日の記事
| 家族::できごと |
| 11:37 PM | comments (0) | trackback (0) |
コメント

PAGE TOP ↑
コメントする










http://run.accela.jp/map4/tb.php/579

トラックバック


PAGE TOP ↑
Copyright © 2007 地図のない旅::思い出を捨てた
All Rights Reserved./Skin:oct
totalカウンタ yesterdayカウンタCGI todayカウンタCGI