地図のない旅

何かを選ぶということは 何かを捨てるということ

遊ぶのが仕事

子どもは遊ぶのが仕事だ、とは誰が言ったのかわかりませんが、名言だと思います。

日曜日の午後に、また「栃木県子ども総合科学館」へ行ってきました。

建物の前でスナップ。とちの木ファミリーランドの300円くじで当たった犬のおもちゃをお供にしています。

 館内には入らず外遊びをしました。まずは噴水のある池へ。はね回って遊びました。

 しかけ時計です。サルが上にのぼって水を流すと、それを動力にしてさまざまな楽器が鳴ります。子どもたちは目が釘付け(毎回みてるのに飽きないです)。

 今回、はじめて子どもたちだけでミニSLに乗りました。3歳以下は保護者同伴ですが、4歳は本人だけでOK。子どもはひとり100円です。大人ひとり分、210円得したよ!

 自転車も1時間でひとり100円。上の子は自転車に乗っててもSLを追いかけてました。

 お弁当タイム!おにぎりと唐揚げを持参していきました。

 フラフープも上手にできるよ!(無料です。)

 お気に入りの遊具。体重とバネの強さがちょうどあっていて、揺れすぎずに楽しめます。

 川を渡って「風の広場」に行きました。

 おやつに用意した団子と草餅を食べました。

 川に小舟を流して遊びました。飽きたらずにボールまで流しました。

 科学館前へ戻って;坂道でボールや犬のおもちゃを転がして遊びました。次第に自分たちが転がり出しました。

 いつも通り、ついには裸足です。

 今日もよく遊んだね!


子どもと過ごせる時間があるときは、何よりも優先して一緒に遊ぶことにしています。子どもの仕事のお手伝いをします。

私の父もよく遊んでくれました。交替制勤務で休みも不定期だったので、いつもというわけにはいきませんでしたが、虫取り、魚取り、キャッチボール、サイクリング、将棋、トランプなど、その時代の父親としては平均以上に?遊んでくれたと思います。

私が大人になってからある日「子どもの頃はよく遊んでくれたよね」と父に尋ねたら「自分に父親がいなかったからどう接していいかわかならくて、とにかく一緒に遊んだだけだったんだよ」と答えてくれました。でもそれが子どもにとっては一番の正解だったんじゃないかなと思います。

同じカテゴリーの最新記事5件

| 旅::日帰りおでかけ |
| 11:45 PM | comments (x) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2007 地図のない旅::遊ぶのが仕事
All Rights Reserved./Skin:oct
totalカウンタ yesterdayカウンタCGI todayカウンタCGI